葬儀の費用について

Posted by ジャポン on 2015年12月16日 (Comments Closed)

葬儀は予想していても突然やってきます。
大半の人が喪主や亡くなった直系の親族として葬儀の段取りをするのは初めてです。
そこでおおまかな費用をお話します。
まず葬儀の御予算を立てられている家庭はその旨を葬儀屋さんに伝えれば、無理のない範囲で行えます。
葬儀の中には、通夜、本葬、集まってくれた方へのお食事、香典のお返し、坊さんへのお布施、火葬場の費用などが含まれます。
地方によっては色々な風習がありこの限りではないです。
大体の目安が香典でまかなえる費用が負担のない金額だと思います。
しかし香典は実際フタを空けてみないとわかりません。
新聞などへ葬儀の御案内などを出した場合は多くの弔問客が来てくれますし、出さなければ親族関係、友人関係だけです。比較的名の知れた葬儀屋さんなら、最低でも100万円くらいはかかります。
また葬儀屋さんのいうがままに会場で普通や普通より上のランクでやってしまうと400万以上かかってしまいます。
大勢の弔問客か来場されるのが予想される場合は、普通クラスでいいと思いますが、仮に一番安いコースでやったとしても、葬儀自体なんお遜色もありません。
葬儀屋さんを使っても自宅や、火葬場の小部屋を使用する場合は100万前後の費用で行えます。
さらに最近は近親者だけの家族葬専門の小さい葬儀屋さんもあります。
親族の死亡は突然やってきますので、亡くなってから考えることは出来ないので、事前に色々なパターンを想定して比較検討しておくのがよいでしょう。
私の場合は喪主が1回、親族の代表として葬儀の段取りをしたのが1回あり、費用はそれぞれ450万円と110万円かかりました。
450万円は会場を使い並みの上クラスのコースで行いました。
110万円のほうは葬儀屋さんに頼み自宅で行いました。
いずれにせよ、無理のない費用で心を込めて送ってやることが大切です。

悲しみの渦中でやめてください

Posted by ジャポン on 2015年7月5日 (Comments Closed)

お葬式と言いますと、様々なところで、様々な方の様々なお葬式があると思うのですが
私は先日、ご近所の高齢な方のお葬式に行ってまいりました。お亡くなりになられた方は
80歳代の女性の方でして、その方の息子さんは私と同業者の方であり、お会いした時は悲しみの渦の中でした。話によりますと、散歩からお家に戻られて、玄関でつまずかれてしまい、頭を強くうたれてということでした。そんなことがなければ、まだ長生きされたことだろうと私は考えていました。なんとも無念としかいいようがありません。このように世の中には様々な死に方があるわけですが、こんな悲しみの渦中にこんな話をしてくる人々がいました。それはもちろんご近所の方なのですが、亡くなった方のご苗字をY様としますと、こうです。「Yさんの娘は、現在こっちに住んでないから、葬儀の案内の放送をするのはおかしいのでは?」と言う人がいたんです。Yさんの娘さんは喪主でしたが、それはいいとしまして、この悲しみの中、なんてこと言う奴がいるのだろうって思いました。気ごころは知れていても、雰囲気的に自分のいってることがわかてるのか~ってどなりたいくらいの気持でした。放送といいますのは、私の地域では亡くなられ方がありましたら、自治会として、伝える義務があります。そのための放送なんです。それで私は役員なものですから、私にそんなことを行ってきたんです。葬儀会式前10分くらいのことでした。私は、人の死を厳かに受け止められない人間を認めはしません。

今更聞けない葬儀参列時のマナーの疑問

Posted by ジャポン on 2015年6月20日 (Comments Closed)

葬儀に参列する機会は多いものの、見よう見真似で行っている作法が、本当にマナーに適っているのか、今更人に聞けない疑問も多いものです。その中でも疑問として多いのが、不祝儀の表書きと仏式での焼香の作法でしょう。
まず不祝儀の表書きは、仏式ではご香典やご霊前(浄土真宗では使わない)を使います。また、神式では御玉串料、御神前、御霊前などが、さらにキリスト教では御花料や御霊前が使われます。
どのような宗教・宗派によって葬儀が執り行われるのか、事前に分かると参列者にとってはありがたいもので、会社などの場合、従業員の両親などの葬儀連絡を関係者に行う際に、宗教や宗派を記載すると言った配慮をしている所も多いものです。
また、最近では不祝儀を受け取らない事が増えていますが、その場で受け取ってほしいと押し問答するのではなく、49日の法要等に御供え物をする事で、気持ちをお伝えするのがスマートでマナーに適っていると言えるでしょう。
次に焼香の作法ですが、まず遺族と僧侶に一礼した後、遺影を仰ぎ見て一礼し、この後に親指、人差し指、中指の3本で抹香をつまみ、軽く下げた額まで押し上げ、その後静かに香炉に落とし入れます。ただし、浄土真宗では、額まで押し頂かず、そのまま香炉に落とし入れます。投げ入れ焼香と言う作法です。
更に焼香の作法で迷うのが回数です。回数は宗派によって異なり、浄土真宗本願寺派は1回、浄土真宗大谷派と曹洞宗は2回、 他の宗派は1~2回または1~3回が多いです。こうした正式な作法は別にして、通常3回される方が多いですが、参列者が多い場合などは、1回にした方が良いと言えます。
焼香後は再度、遺影と遺族、僧侶に一礼して席に戻ります。正しい作法に越した事はありませんが、浄土真宗では投げ入れ焼香が作法だと言う程度の知識を持ち、回数まで厳密に守れなくても、そこまでこだわる遺族もおられません。作法も重要ですが、それ以上に故人を悼む気持ちが大切です。

変化し続ける葬儀の形

Posted by ジャポン on 2015年6月5日 (Comments Closed)

昭和以前の葬儀といえば、故人の家族や親戚が中心となり周辺住民と力を合わせて行っていたものです。人と人が助け合って生きている、そう実感したものです。
平成時代に入った頃からでしょうか。周辺住民に頼ることなく、専門の葬儀会社が中心になって葬儀が執り行われるようになってきたのです。故人の家族の気苦労は減ってきたのかもしれません。お金を払えば、全て葬儀会社が段取りをしてくれるのですから。しかし、人と人との触れ合いがなくなってきたということができます。近所付き合いすることがなくなり、互いが関心を持たない人間関係ができてしまったのです。
近年ではますますこの傾向が強くなり、密葬で葬儀を行なう人が増えてきています。密葬とは、家族や親族、友人など、一分の親しい人達だけで行う葬儀のことです。細かな段取りは葬儀会社に頼ることになりますが、葬儀の規模が大きくなるようなことはありません。葬儀で最低限必要な手続きのみを行ない、質素な形で故人を送ることになります。
このように葬儀が変化し続けている理由は、少子高齢化による影響が大きいのでしょう。人口が減少していけば、当然葬儀も小さな規模へと変化せざるをえません。また、世間体を気にすることなく温かく故人を送り届けたいという気持ちも込められているのでしょう。

葬儀は東京の場合だと少し費用が高くなる

Posted by ジャポン on 2015年5月21日 (Comments Closed)

お葬式にかかる費用の全国平均は50万円程度です。
安いと思うかもしれませんがこれはお葬式自体にかかる費用で、これに参列してくださった方々に対しての飲食代や、お坊さんへのお布施、戒名代などをあわせると150万円以上かかります。
車が買えてしまうくらいの金額ですね。
また、葬儀東京の場合ですと、費用ももう少し高くなるようです。
お葬式の費用が高くなってしまうのは、お棺や御花などどれを選んだら良いかよくわからないという点もあります。お葬式を何度もあげることはないので、何から何までわからないことだらけという人が普通です。
最近では終活が徐々に広まりつつあるので、自分のお葬式についてあらかじめ決めている人も出てきました。家族にとっては本人が選んだお葬式なので、迷う事がなくてとても助かります。家族の事を考えると自分のお葬式を決めておくことはとても良いことです。
また最近増えているのが家族葬です。大勢の人をよばずに身内だけでするお葬式で、20万円程度ですることができます。特に高齢になると親しい人も少なくなり会社勤めをしていた時のような人間関係もなくなってきます。その為身内だけでお葬式をした方が、ゆっくりと故人を送る事ができます。
お葬式も時代によって形を変えているのですね。

注目を浴びている家族葬

Posted by ジャポン on 2015年5月19日 (Comments Closed)

親族が亡くなってしまったときは、しっかりと葬儀を執り行う必要があります。
そんな中で注目を浴びているのが家族葬です。
家族葬の漠然としたイメージは、家族や親戚だけで行う葬儀というイメージです。
家族葬で参列してもらう範囲は家族によって違いますので、この点は事前に決めておく必要があります。
また、友人関係や仕事関係の方にはお断りする必要もありますので、その点は理解してもらうために伝えなければなりません。
文書によって知らせるときは、参列をお断りする旨を書いておきましょう。
家族葬の大きな特徴は、小規模に行うことになりますので費用があまり掛からないということです。
葬儀会社によっては、家族葬の安さを売りにパックの料金を設定している会社もあります。
しかし、一言で家族葬と言いましても、通常では含まれている筈のものが費用に含まれていないこともありますので、事前に精査して決めることが重要です。
料金について不安な点は葬儀会社に問い合わせるようにして、見積もりも把握すると問題は起きません。
身内だけの家族葬であっても、葬儀の際のマナーは忘れてはいけません。
葬儀の経験がないときは、事前に葬儀のマナーについても学んでおくようにしましょう。

葬儀のマナーは服装小物から。

Posted by ジャポン on 2015年5月16日 (Comments Closed)

葬儀は突然やってきます。予定して亡くなる方は全くと言っていいほどいませんが、突然亡くなる方は意外と多いものです。
そこで突然の葬儀に備えてある程度の準備はしておくのが大人のマナーであり、学生服を着ているうちは葬儀には学生服でOKですが、卒業したら、まず用意した方が良いものが喪服です。そんなに高級なものでなくても、落ち着いたデザインのものであればかまいません。女性の場合、袖などがシースルーのデザインはマナー違反になりますので注意しましょう。
また、意外と忘れがちなのが小物です。黒い靴、黒い靴下(女性ならストッキング)、男性なら黒ネクタイ、女性なら黒いバッグも併せて用意しましょう。
女性の場合はパールのジュエリーを付ける方が良いとされる意見と、パールであってもジュエリーは避けたほうが良いとする意見がありますが、マナーとしては着けても着けなくてもどちらでも良いようです。結婚指輪以外のパール以外のジュエリーはマナー違反となります。
男性の場合、お通夜であれば背広でも良い(急なことで支度が整わないところを駆けつけましたという意味で)とされることもあり、慣れた人になると職場に黒ネクタイを常備している場合もあります。しかし、お通夜であっても礼服でない人は少数派ですので、やはりよほど急な場合でなければ礼服であった方が安心といえそうです。

初めての葬儀

Posted by ジャポン on 2015年5月11日 (Comments Closed)

私が初めて葬儀に参列したのは中3の春休みのことでした。
母方の祖父が亡くなり、人生で初めて葬儀に参列することになり、少し緊張していました。
厳粛で悲しげな雰囲気が長い間続くので、しんどいかもしれないと思っていました。
また、当時小5の弟と小1の弟がいて、下の子も少し不安そうだったので心配していました。
今になって考えると、子供が葬儀に参列するというのは非常にハードなことなのではなかったのかと
思います。それと同時に、ちゃんとした式でのマナーを学ぶことができたと思います。

ご焼香のやり方や礼の仕方などは式場の人が丁寧に教えてくれました。
初めてでしたが覚えることができ、親切な方でよかったなと思いました。
また、座席もある程度は決まっていましたが末っ子がなるべく母の近くに
座れるようにと考えてくれました。とてもありがたかったです。
母が近くにいて安心したのか、長い式の間でも大人しくしていました。

数珠の付け方は全く分からず、ただ手を合わせていました。
できるだけ早く知っておきたかったなと後悔しています。

初めて葬儀に参列するにあたり、子供だった私たちにも
しっかりマナーを教えてくれた式場の方に感謝しています。また、大事な式でもあるので
親の方からも教えておくべきだと思いました。
お別れの時をしっかり迎えるために、葬儀の前には子供にマナーを教えることが必要です。