初めての葬儀

Posted by ジャポン on 2015年5月11日

私が初めて葬儀に参列したのは中3の春休みのことでした。
母方の祖父が亡くなり、人生で初めて葬儀に参列することになり、少し緊張していました。
厳粛で悲しげな雰囲気が長い間続くので、しんどいかもしれないと思っていました。
また、当時小5の弟と小1の弟がいて、下の子も少し不安そうだったので心配していました。
今になって考えると、子供が葬儀に参列するというのは非常にハードなことなのではなかったのかと
思います。それと同時に、ちゃんとした式でのマナーを学ぶことができたと思います。

ご焼香のやり方や礼の仕方などは式場の人が丁寧に教えてくれました。
初めてでしたが覚えることができ、親切な方でよかったなと思いました。
また、座席もある程度は決まっていましたが末っ子がなるべく母の近くに
座れるようにと考えてくれました。とてもありがたかったです。
母が近くにいて安心したのか、長い式の間でも大人しくしていました。

数珠の付け方は全く分からず、ただ手を合わせていました。
できるだけ早く知っておきたかったなと後悔しています。

初めて葬儀に参列するにあたり、子供だった私たちにも
しっかりマナーを教えてくれた式場の方に感謝しています。また、大事な式でもあるので
親の方からも教えておくべきだと思いました。
お別れの時をしっかり迎えるために、葬儀の前には子供にマナーを教えることが必要です。