注目を浴びている家族葬

Posted by ジャポン on 2015年5月19日

親族が亡くなってしまったときは、しっかりと葬儀を執り行う必要があります。
そんな中で注目を浴びているのが家族葬です。
家族葬の漠然としたイメージは、家族や親戚だけで行う葬儀というイメージです。
家族葬で参列してもらう範囲は家族によって違いますので、この点は事前に決めておく必要があります。
また、友人関係や仕事関係の方にはお断りする必要もありますので、その点は理解してもらうために伝えなければなりません。
文書によって知らせるときは、参列をお断りする旨を書いておきましょう。
家族葬の大きな特徴は、小規模に行うことになりますので費用があまり掛からないということです。
葬儀会社によっては、家族葬の安さを売りにパックの料金を設定している会社もあります。
しかし、一言で家族葬と言いましても、通常では含まれている筈のものが費用に含まれていないこともありますので、事前に精査して決めることが重要です。
料金について不安な点は葬儀会社に問い合わせるようにして、見積もりも把握すると問題は起きません。
身内だけの家族葬であっても、葬儀の際のマナーは忘れてはいけません。
葬儀の経験がないときは、事前に葬儀のマナーについても学んでおくようにしましょう。