Posts by date

葬儀の費用について

Posted by ジャポン on 2015年12月16日 (Comments Closed)

葬儀は予想していても突然やってきます。
大半の人が喪主や亡くなった直系の親族として葬儀の段取りをするのは初めてです。
そこでおおまかな費用をお話します。
まず葬儀の御予算を立てられている家庭はその旨を葬儀屋さんに伝えれば、無理のない範囲で行えます。
葬儀の中には、通夜、本葬、集まってくれた方へのお食事、香典のお返し、坊さんへのお布施、火葬場の費用などが含まれます。
地方によっては色々な風習がありこの限りではないです。
大体の目安が香典でまかなえる費用が負担のない金額だと思います。
しかし香典は実際フタを空けてみないとわかりません。
新聞などへ葬儀の御案内などを出した場合は多くの弔問客が来てくれますし、出さなければ親族関係、友人関係だけです。比較的名の知れた葬儀屋さんなら、最低でも100万円くらいはかかります。
また葬儀屋さんのいうがままに会場で普通や普通より上のランクでやってしまうと400万以上かかってしまいます。
大勢の弔問客か来場されるのが予想される場合は、普通クラスでいいと思いますが、仮に一番安いコースでやったとしても、葬儀自体なんお遜色もありません。
葬儀屋さんを使っても自宅や、火葬場の小部屋を使用する場合は100万前後の費用で行えます。
さらに最近は近親者だけの家族葬専門の小さい葬儀屋さんもあります。
親族の死亡は突然やってきますので、亡くなってから考えることは出来ないので、事前に色々なパターンを想定して比較検討しておくのがよいでしょう。
私の場合は喪主が1回、親族の代表として葬儀の段取りをしたのが1回あり、費用はそれぞれ450万円と110万円かかりました。
450万円は会場を使い並みの上クラスのコースで行いました。
110万円のほうは葬儀屋さんに頼み自宅で行いました。
いずれにせよ、無理のない費用で心を込めて送ってやることが大切です。